普通自動車の車庫証明取得方法

普通自動車の車庫証明取得方法

カテゴリ:[ 普通自動車の手続き ]

自動車保管場所証明書(車庫証明)は車の各種登録の時に必要になります。移転登録や変更登録をする際に必要な書類です。

車庫証明取得に必要な書類は、お住まい地区の管轄をしている警察署や運輸支局(陸運支局)などで書類一式をもらう事が出来ます。

自動車保管場所証明書に必要な書類

自動車保管場所証明申請書

管轄の警察署などでもらう事が出来ます。(車庫証明申請書)

保管場所の所在図・配置図

所在図・配置図は自分で、自宅と車庫の略図をかきます。基本的に自宅から車庫まで線を引き、直線距離を記入します。

自動車保管場所使用承諾証明書

駐車場を借りている場合、大家さんや管理者に記入・押印してもらいます。

保管場所使用権原疎明書面

車庫が自己所有の場合、車庫の土地が申請者の自己所有の場合に必要な書類です。

廃車・譲渡誓約書

同じ車庫で車の入替えがある場合、車庫証明を取得する時に、一時的に車庫証明が重複する場合に必要です。

車庫証明取得に必要な条件

・車庫(保管場所・駐車場)から自宅までの距離が2キロ以内。

・車庫に自動車全体が格納出来ること。

・車庫を使用する権原を有していること。

・車庫証明を同じ場所で重複して取得していない。

・道路に出入り出来ること。

証明書申請の手順

登録の手続きは移転先を管轄する陸運支局または自動車検査登録事務所で行います。

氏名の変更に伴い住所が変わり管轄も変わる場合は、ナンバーを変更する事になり、自動車を持ち込む事になります。

①必要な書類を揃え、記入します。

②管轄の警察署に提出します。

③数日かかります。交付予定日を確認します。

④交付日になったら警察署で受け取ります。

以上が車庫証明取得の流れです。解らない事は窓口で聞くと丁寧に教えてくれます。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

Top