軽自動車の廃車方法-返納届け

軽自動車の廃車方法-返納届け

カテゴリ:[ 軽自動車の手続き ]

普通自動車の永久抹消にあたる廃車方法ですが、軽自動車の場合には返納届けとなります。

使わなくなった車や事故車等で使えなくなった軽車は放置したままでは、税金を請求されるので、早めに手続きを行いましょう。

軽自動車検査協会で手続きを行う際は廃車になる車を持ち込む必要はありません。ナンバープレートを外し持参して行きます。

廃車に必要な書類

自動車リサイクル券

軽自動車の購入時に払ってない場合は払います。

使用済自動車引取証明書

解体証明書

自動車検査証(車検証)

車検の切れていないもの

申請書(OCRシート)

陸運局にあります。

手数料納付書

検査登録印紙を貼り付けます。陸運局にあります。

自動車税・自動車取得税申告書(報告書)

印鑑

ナンバープレート

返納届け廃車の手順

軽自動車廃車(返納届け)の手続きは管轄の軽自動車検査協会で行います。

①解体業者に解体してもらい、使用済自動車引取証明書を貰います。

②必要な書類を揃え、記入します。

軽自動車検査協会へ行きます。

④ナンバープレート返納、返納の方法、場所は案内所でご確認下さい。

⑤窓口に必要な書類一式を提出します。

⑥軽自動車検査協会にある自動車税事務所で自動車税の還付手続きを行います。

以上が廃車(返納届け)の流れです。解らない事は案内所で聞くと丁寧に教えてくれます。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

Top