自動車査定の豆知識

車検が切れる前と車検が切れた車ではどっちが高く売れる?

カテゴリ:[ 自動車査定の豆知識 ]

車を売るとき車検が残っている方が良い買い取り額になりますが、車検切れのクルマを車検に通したからと言ってその分のお金が上乗せされるわけではありません。

ですので、車を売るタイミングとしては車検前が良いのです。

でも車検切れぎりぎりでは、書類がそろわないなどのミスがあると自走できなくなる為、その分の輸送費がかかる場合があります。

そういう事からも、少し余裕を持ちながら車検が切れる前に売るのが一番良いタイミングです。

車検が切れた車を売りたい時は?

すでに車検が切れてしまった車や、切れそうな場合車検を通した方が良いのか?と思う方もいるかと思いますが、この場合はそのまま査定してもらって売るのが良いでしょう。

車検を通す手間や車検料は車の査定ではあまり関係ありません。

ですので、わざわざ車検に出さないでそのまま査定してもらいましょう。

車検ありと無しでは多少査定額に差が出ますが、手間と車検料程ではありませんので。

車検を気にするよりも車をキレイに!

車を売る時にそれほど車検に気をつかわなくて良いというのは理解できたと思います。

それ以外に、査定額を上げるためには車をキレイにする事が一番です。

車をキレイに洗車しワックスをかける、車の中も出来るだけキレイにする事で、査定に来る営業マンの印象も違います。

「大事にしてたんだな」「状態の良い車だな」

と思ってもらえれば、査定額にも影響が出てくるのです。

車の維持費を無くす判断もあり?!

カテゴリ:[ 自動車査定の豆知識 ]

車の維持費って結構高いです。

昔親に言わた言葉で大人になった今でも覚えているのが

「車をもつ事は、子供一人を育てるようなもの!」

これってまだ若いころはあまり心に響かなかったのですが、車をもって実感する事になりました。

自動車の維持に必要な項目

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 自動車保険料
  • 車検費用
  • ガソリン代
  • 洗車代
  • アクセサリー代など
  • 駐車場代
  • オイル交換代
  • タイヤ代
  • 高速料金

基本的な項目だけでも年間40万~70万円位は余裕でかかります。しかも車両本体価格によってローンで支払っている場合にはもっとかかる事でしょう。

車種によっては年間100万程度かかっている事もあります。

※参考サイト
クラス別!車の維持費比較
自動車の維持費

車を持たないという選択

移動手段のインフラが整った近年では住んでいる場所によって車がいらない事もあります。

主に都会に住んでいるのであれば必要ない事もあります。

また、週末だけ乗るという家庭の方も実はいらないという事かもしれません。

経済的に余裕があり、週末の外出を楽しむという事であれば車があった方が便利ですが、経済的に厳しいと思う家庭の場合車を売ってしまった方が良い事もあります。

電車などを利用すれば渋滞に巻き込まれることもないですし、お父さんだけ運転で疲れる事もありません。

また、年間100万円程度余裕が生まれるので、貯蓄したり他の事に使う事も考えられます。

どうしても必要な時だけレンタカーを借りるという選択も出来ます。

レンタカーを年間100万円も借りるという家は無いと思いますので。

車でお金を借りるのはどうなの?

カテゴリ:[ 自動車査定の豆知識 ]

電信柱などで時々見かける「車でお金」「車を担保に融資します」「車でお金貸します」というような看板を見かけたことはありますか?

普段であれば借りようとは思いませんが、何かの理由でお金が必要になった時に利用してみようかと思うかもしれません。

実際にその車で融資する業者は存在しているので、利用している方もいるのでしょう。

でも、どう考えても怪しい感じがしますよね?

法的には問題ないのかもしれませんが、やっている事はグレーな部分なのです。

きっと今すぐ現金が必要な方が仕方なく利用してしまうのでしょう。

車を担保にお金を借りる事の危険性

先ずは、返済が出来なくなった場合当たり前ですが、車を取られてしまいます。

契約時に委任状を渡しているのであれば、強制的に名義も変更されて、自分の所有物ではなくなります。

しかも、借りた額と言えば実際の車の相場よりも低いものが当たりまえ。

借金を返済できる出来ないは、業者にとっては関係ないのです。返せなければ車を売ってその資金にするだけなのです。

どうしてもお金が必要なのであれば、普通の消費者金融を利用する方が安心です。

そうは言っても、消費者金融で融資を受けられないという人がいます。

結果的に車を手放すのであれば

自分の意志とは関係なく、車を取られて売られてしまうなら自分で最初から売った方がお金の面でも損はしません。

車を担保にお金を借りた場合のリスクや額に比べれば普通に車を売ってしまった方が得です。

「車が無くなると困る」という場合でも、本当にそうなのか一度考えてみた方が良いかもしれません。

今の車を売ってグレードを下げる事や、維持費の安い軽自動車、原付にでも変えれば移動手段としては確保できます。

最悪、電車やバスを使う事で移動することも出来るはずです。

どうしても車を手放せないという方は、「車でお金」を借りる事の方がリスクがあると考えて下さい。

車を担保にすることは車を無くす危険性があることは認識しておきましょう。

車を直ぐに売却したい!しかも即日可能?

カテゴリ:[ 自動車査定の豆知識 ]

何らかの理由で今すぐに車を売りたい場合に必要な事は書類をそろえる事と、買取り業者に見積りを依頼する事です。

車を売却する時に必要な書類

普通自動車に必要な書類

  • 自動車検査証(住所や名前が本人の物)
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • リサイクル券(預託済みの場合)

登録されている住所と現住所が違う場合には住民票(戸籍の附票または住民票の除票)

結婚などで姓が変わっている時には戸籍謄本が必要。

軽自動車に必要な書類

  • 自動車検査証(住所や名前が本人の物)
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑(認印可)
  • リサイクル券(預託済みの場合)

概ね上記の書類を揃えれば当日でも対応してくれるはずです。
ただし、買取り業者によっては他に必要な書類があるかもしれないので、一度確認した方が良いでしょう。

後は、振込用の口座情報も必要になるので前もって用意をしておきます。
振込日に関しては業者に確認する必要がありますが、2~3日の営業日の場合もあれば、一週間位かかる業者もいます。

もしかしたら当日にという業者もいるかもしれませんので、確認してみましょう。

買取り業者に見積りを依頼する

車の買取り業者に見積りを依頼するには、直接行くという事もありますが、こちらでは一括車査定サービスのサイトを使う事とします。

理由としては、複数の業者に見積り依頼をするので一番高い買い取り額で売る事ができるという事です。

また、そうする事で自分の所有している車の相場が分かるので安心して売却することも出来ます。

車の売却に必要な情報入力も30秒~2分程度で終わるので断然手間がかかりません。

「車を売りたいけど相場を知りたい!」「買取概算価格を直ぐに知りたい!」
という事であれば、一括査定サービスはその答えを出してくれることでしょう。

愛車をオークション形式で手軽に査定する!

カテゴリ:[ 自動車査定の豆知識 ]

愛車を手放そうと思った時、お世話になったディーラーに引き取ってもらうか、近くの中古車屋さんに買い取ってもらうという方法を選ぶことが多いと思います。

または、インターネットを駆使してオークションにかけるという様な方法を思いつく方も多いでしょう。

今まで大切にしてきた愛車だからもちろん愛着もあり、出来ることなら大切に使ってくれる人、高い金額で引き取ってもらえる人に売りたいと思うのが普通です。

でも、インターネットをを使ったオークションは実は手間と時間がとてもかかります

オークションで愛車を売却する手順

1、個人情報と、自動車の情報の登録
2、金額の設定や写真、条件の登録
3、ひたすら待つ
4、落札者がいれば手続き開始
5、場合により、交渉や相談などがある
6、お互いの条件が一致したら、引き渡しの手続き

というような手順になります。
これだけでも数週間から数カ月かかる場合があります。

個人でのオークション売買はめんどくさい!

個人での取引の場合、次のような注意点があります。

・詐欺に遭う可能性、また代金不払い等の危険性
・思っていたよりも時間がかかったり、入札が無く期限によって安く落札されることも
・個人間の場合、名義変更などの手続きに時間がかかったり、お互いの時間がすれ違ったりして大変

また、オークション代行を行う業者もありますが、中間マージンを取られるので結局は思った金額で売れない事もあります。

自動車一括査定サイトでオークション!?

そんな面倒なオークションですが、今では多くの自動車査定サイトがあるので、利用した方が手間がかかりません。

多くの買取業者がいるという事は、自分の愛車をオークションにかけるのとほとんど同じ効果が望めます。

いくつもの業者に査定を依頼して、一番高い買取価格を出してくれた業者にお願いするだけです。

査定後気に入れば売却するだけです。

しかも、手続きの代行も行ってくれるので手間と時間を惜しむ方にはありがたいサービスです。

愛車をオークションに出したいけど面倒だなと思った方は自動車一括査定を試してみてはいかがでしょうか?

 
Top