廃車に掛かる費用が個人で行うよりも業者に頼む方が得!

廃車に掛かる費用が個人で行うよりも業者に頼む方が得!

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車の廃車を考える場合に、一番気になるのが、廃車の手続きに係わる費用です、また同時に解体やリサイクルなどの廃棄物扱いの場合にも手数料などが必要になるでしょう。

ここまで考えただけでも、不必要な自動車処分であっても手間と費用負担を覚悟して正しい手続きと出費をしなくてはならないことがわかります。

簡単に捨てたりもできないわけですね。

大雑把な価格ですが手続きの費用は普通車を永久抹消登録し処分を解体業者に委託した場合4~5万円程度

一時抹消登録では1~2万円程度が考えられます。

陸運局(軽自動車検査協会)への廃車手続き(抹消登録)を業者や行政書士に依頼する場合の抹消登録費用は、自前で行う場合より2,000~10,000円高となります。

廃車に関する費用をもう少し掘り下げて考えてみますと、廃車にかかわる費用の中には支出の他に収入といった面もあるように思います。

例えば、廃車の際にには車検や税金といったものの廃止手続きや切り替えも必要になります。

解体業者に処分を任せる場合でも、まだ使える部品や、リサイクルの効くメタル価値といったものが存在しますし、実際完全に故障した車であってもかなりの利益を残している場合があります。

税金などの還付手続きは抹消登録時に同時に申請できますが、申請時期により、廃車にしても新たな税金の請求書が来る場合と、多めに支払った税金分が月額算定で還付される場合がありますので注意が必要です。

下取りに出す場合や売却する場合には車検の状況が査定に影響するという意見もありますが、これはケースバイケースなので、あまり重要視しなくても良いでしょう。

特に廃車処分を急がないのであれば、車検を消化する段階で処分を検討してもよろしいかと思います。

廃車に関する費用を考える場合には、このように総合的な車の価値を考えてみなくては、正しく判断できないことがおわかりでしょう。

インターネットを活用しよう!

廃車に関する事をインターネットなどで調べますと、普通車や軽自動車の買い取り価格を知ることができます。

さらに完全なスクラップでも、車種別のメタル価格などを価格を調べることもできるようです。

税金の還付や車検などは、廃車の時期あるいは売渡しの時期によって異なってきますので、廃車にしても計画的なタイミングで、かなり収入に差がでるものです。

このような廃車にかかわる費用の問題については、自分で考えるよりも、専門業者のアドバイスなどを参考にするのが良いかと思われます。

インターネットなどで買い取り業者の無料査定のサイトなどがあり、簡単な条件入力で、自分の車の現行価値や複数業者の査定額比較なども手軽にできるようになっています。

仮に、自分の車が買い取り対象として売れるのであれば、廃車手続きや税金、車検などの手続きを代行してくれたり、適切なアドバイスを提供してくれますので、まずは買い取り業者に相談してみるのが早道でしょう

買い取り業者さんは、中古売り買いや廃車などのエキスパートですから、お客さんにとって処分の対象でしかない使用済みの車の有効利用の専門家です。

かならずお客様の満足するような情報を提供してくれるものでしょう。

自分でやると手間や費用もかさんでしまう自動車の処分は、買い取り業者さんという強い味方もあることを忘れたくないですね。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

Top