車でお金を借りるのはどうなの?

車でお金を借りるのはどうなの?

カテゴリ:[ 自動車査定の豆知識 ]

電信柱などで時々見かける「車でお金」「車を担保に融資します」「車でお金貸します」というような看板を見かけたことはありますか?

普段であれば借りようとは思いませんが、何かの理由でお金が必要になった時に利用してみようかと思うかもしれません。

実際にその車で融資する業者は存在しているので、利用している方もいるのでしょう。

でも、どう考えても怪しい感じがしますよね?

法的には問題ないのかもしれませんが、やっている事はグレーな部分なのです。

きっと今すぐ現金が必要な方が仕方なく利用してしまうのでしょう。

車を担保にお金を借りる事の危険性

先ずは、返済が出来なくなった場合当たり前ですが、車を取られてしまいます。

契約時に委任状を渡しているのであれば、強制的に名義も変更されて、自分の所有物ではなくなります。

しかも、借りた額と言えば実際の車の相場よりも低いものが当たりまえ。

借金を返済できる出来ないは、業者にとっては関係ないのです。返せなければ車を売ってその資金にするだけなのです。

どうしてもお金が必要なのであれば、普通の消費者金融を利用する方が安心です。

そうは言っても、消費者金融で融資を受けられないという人がいます。

結果的に車を手放すのであれば

自分の意志とは関係なく、車を取られて売られてしまうなら自分で最初から売った方がお金の面でも損はしません。

車を担保にお金を借りた場合のリスクや額に比べれば普通に車を売ってしまった方が得です。

「車が無くなると困る」という場合でも、本当にそうなのか一度考えてみた方が良いかもしれません。

今の車を売ってグレードを下げる事や、維持費の安い軽自動車、原付にでも変えれば移動手段としては確保できます。

最悪、電車やバスを使う事で移動することも出来るはずです。

どうしても車を手放せないという方は、「車でお金」を借りる事の方がリスクがあると考えて下さい。

車を担保にすることは車を無くす危険性があることは認識しておきましょう。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

Top