下取りと買い取りでは下取りが損をする

下取りと買い取りでは下取りが損をする

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車の処分する方法として「下取り」「買い取り」などの方法があることはご存知だと思います。

どちらも今の自動車を処分することに変わりはありませんが、スクラップにするのとは異なり、利益をもたらす利点があります。

下取はディーラーに有利なシステム

下取りというのは、新車販売のディーラー(一部は高級中古車なども)がおこなっているもので、新車の販売に際して、古い車を引き取り、新車販売代金から価格を割り引くシステムです。

基本的には新車販売の付加サービスですから、市場価格による競争原理が働かない、新車購入とセットのため、業者は限定され言い値で処分してもらうといった特徴になります。

そのかわり、どのような車でも一律処分してくれて一定の割引をしてくれる業者が一般的ですし、中には下取り査定で、中古車相場に合わせた割引をしてくれる(予算の範囲ですが)業者もあります。

下取りに際しては車の状態などをあまり厳しくチェックなどしない事が多いので、新車も割引で古い車の処分もできて、さらに各種手続きや切り替えなどもディーラーまかせで簡単なことから利用者も多いようですね。

買い取りの方がお得な事が多い

下取りに対し「買い取り」の場合は、新車の販売に関わっていない売却となります。

ご自分の車の状態がそのまま査定額に反映されるので、部品の状態や年式によっては、プレミアム価格などもあるようですね。

全国の買取業者の比較ができる複数同時査定システムもありますので、自分の車の相場や、時期による高値、安値といった動向もつかみやすく、高額売却などのチャンスもあるようです。

実は下取りの場合では、新車販売がメインの業者では、下取り車は外部業者委託で売却や処分をしている事が多く、下取りによる割引額というのは、はじめから新車販売の原価に組み込み済みの価格であったりします。

ですから、下取り価格が二束三文ということもないかわりに、高額引取りもほとんど期待できません。当然のことながら、下取りの価格交渉も困難な場合が多いですね。

日頃から車が好きで、いろいろ手を加えたり個性的なチューンを施したりした車は、お金をかけた割には、中古市場でとことん値が下がる場合もあるようです。

これは、中古車の基準がメーカー純正部品の集合価格として考えられているためで、メンテナンスや再販売の流通ルートもメーカーに依存する部分が多いためです。

このような場合でも買い取り業者は多くの流通販路をもっていますので、価値をつけてくれる場合があります。

下取りにしようか、買い取りにしようかと悩むまえに、一度インターネットの買い取り査定などで、ご自分の車の価値を再発見してみて判断するのもよろしいでしょう。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

Top