自動車の処分費を無料にする方法

自動車の処分費を無料にする方法

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

一般的に自動車を処分するには廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。

その際に手数料や解体費用がかかり、普通自動車で1~2万円程度かかります。

また、軽自動車では約8千円かかるのが一般的です。

手間と費用が発生するので自分で車を処分したいという方はあまりいません。それならば中古車の買取り査定に出す人がほとんどです。

普通の車であれば、査定が付かない事はほとんどありませんが、車種が古すぎたり走行距離が10万キロ以上とかの場合は難しいかもしれません。

今までは、査定が付かなかった車は諦めてお金を払って処分をしていたのですが、現在ではそうでもありません。

複数の買い取り業者に査定してもらう

先ずは、車買い取り一括査定というサービスが出来たことで、複数の買い取り業者に査定を依頼する事ができるようになったことが大きな変化でした。

このサービスは複数の業者に一気に査定してもらえるもので、いろいろな業者がいるので買取りされやすくなります。

一社目、二社目の業者が買取りできなくても、三社目で買い取り価格がつく事もあります。

それでも買取り価格がつかないという場合には、10社くらいに聞いてみるのも一つの手です。

3社に依頼するのも、10社に依頼するのも手間はほぼ同じです。なので、聞けるだけ聞いても損はしません。

無料の廃車代行

それでも買取が無理な車は、廃車専門の業者にお願いする道があります。

最悪無料で引き取ってくれます。その際の手数料や解体費用は必要ありません。

なぜ?と思う方もいるかもしれませんが、それは日本以外で売るという方法と、中古車として売るのではなく車を解体して、部品や鉄として売るという手法をとっているからなのです。

ある意味地球にも優しいリサイクルを行っているのが、廃車専門の業者なのです。

車の所有者側としても、無料で廃車に出来るので納得いく方法なのではないでしょうか。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

Top