廃車の記事一覧

買い取りの適正価格を調べる為にやる事

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

ご自分の車を買い取りに出そうと決めた場合に、適正価格という問題が出てくると思います。

おそらく近場の中古車業者などで見積などをやってもらうと、業者さんごとに値段がまちまちだったり、買い取り条件が厳しかったりするのではないでしょうか。

極端な場合には同じ業者でも担当者によってかなり差がある回答が返ってきたりします。

さらに地方の業者さんでは、買い取り価格にも一定の枠を設けていて、同業者間で価格の申しあわせを取り決めている場合もあり(市場ベースが小さいため)、低価格で似たりよったりという場合もあるでしょう。

このような時でも、最近は全国レベルで価格を査定できてしまうインターネットの買い取り業者は便利です。

複数の買い取り査定サイトを利用する方が適正価格を把握しやすい

車種や年式、色などといった車の基本データーベースに、標準状態の価格査定が瞬時にできてしまうシステムもありますので、いつでもどこでも、思いついたときに価格を調べることができます。

最近ではより的確に価格を査定するために、自動車のコンディションや外観などの特記事項も加味して算定できるシステムも出てきているようです。

一回の査定申し込みで複数の査定結果が得られるシステムも多くなっています。

このような買い取りサイトのシステムで検索するだけで、現行車種の適性価格はだいたいわかってくると思います。

また、人気車種や色なども高額査定にないやすいポイントなども知ることができるでしょう。

ある程度の適性価格がわかれば、業者相手にオークションのような事もできる可能性もあるでしょう。

品薄であれば、買い取りも競争価格で思わぬ高値がつく場合もあるようです。

このようにインターネットなどの利用による買い取り査定は速くて無料で広く検索できるというメリットがありますが、実際の買い取り査定では適正価格から引き算してくのが普通だと考えましょう。

一般的な買い取り査定では車のコンディションは標準状態で算定されるのが普通です。

最後は自分の判断が必要

個人でお使いの車はかなり丁寧に扱っていても、傷、へこみ、その他細かな装置の不具合などが必ずありますから、実際の査定額が適正価格から減額される場合も多いことに注意したいものです。

このようにネットから得られる情報は、あくまでも参考であることを肝に命じて、ご自分の車の状態を日頃から正しく見ておく必要があるでしょう。

売ろうとしている車の新車価格や走行距離、年式や色による価格差など、ウイークポイントとセールスポイントをある程度見極めておくことも適正価格を導く大切な要素であるでしょう。

自家用車を高く査定してもらうポイントとコツ

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

車の査定で少しでも高くできるのであれば、その後の新車購入でも有利ですし、もともと廃車同然で処理費用ばかり心配していたのとは全く逆で、売る楽しみといったものも感じられるのではないかと思います。

では、高く売るための留意点はどのようなものでしょうか。

細かく言えば、新車の状態から時間とともに離れていくだけで、価格は下がっていくものと諦めてしまいそうですが、車種や年式によっては修理部品の不足や希少価値といったものも出てきまして、古い→安いという常識は通用しないこともあります。

ただし、そういった特殊な場合を除くと一般的な高額査定の常識といったものがあります。
簡単にまとめてみますと以下の通りです。

  • (1)外観が美しいほど高く売れる
  • (2)基本部品が純正であることが高く売れる。
  • (3)基本性能を左右するメンテナンス(腐食対策やオイル交換)がなされていると高く売れる。
  • (4)人気車種や商業用車種は高く売れる。
  • (5)査定などでこまめに価格チェックや相談をしたほうが高く売れる。
  • (6)整備記録簿や保証書があると高く売れる。
  • (7)高く売れやすい色(ホワイト、ブラック、シルバー)がある。
  • (8)特殊なチューンや改造が無いほうが高く売れる。
  • (9)外観の傷やへこみ、付属装置や内装関連の動作に問題がないと高く売れる。
  • (10)重量の重い車ほど高く売れる(資材価値)

高く売る為のコツ

高く売るための条件は、業者が引き取ったあとで流通に乗せやすいかどうかという問題が係わってきます。

たとえば車の機能にどこにも問題がなくエンジンも快調であったが、窓が汚れていて車内に異臭がするといった場合など、これは販売のために1日作業員を雇って清掃させなくてはなりませんね。作業員の人件費だけでも価格は下がって当然です。

このような場合でも、日頃から清潔に使用していれば、特に大掃除をしなくても問題無い場合が多いでしょう。

また、売却を決めてからでも、エンジン補修などのような素人では無理作業でなくても、ちょっとした清掃だけで高額査定につながるのですから、留意しておきたいものです。

こういった車の買い取り査定のチェックポイントは、実は車検の作業ポイントとラップしている部分があります。

車検に出すと、基本性能のメンテナンスや補修の他に、車全体がさっぱりして戻ってきた経験はありませんか。

これはサービスの一環で外観部の簡易清掃を実施してくれる工場もあるからで、ポイントサービスなどでは外観ばかりでなく内装設備や室内のゴミや汚れ臭いなどもチェックしてくれたりします。

もし、高額査定をお考えでも掃除などの時間もないという場合は、このような点検の後で査定してもらうのも、有効ではないでしょうか。

廃車に掛かる費用が個人で行うよりも業者に頼む方が得!

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車の廃車を考える場合に、一番気になるのが、廃車の手続きに係わる費用です、また同時に解体やリサイクルなどの廃棄物扱いの場合にも手数料などが必要になるでしょう。

ここまで考えただけでも、不必要な自動車処分であっても手間と費用負担を覚悟して正しい手続きと出費をしなくてはならないことがわかります。

簡単に捨てたりもできないわけですね。

大雑把な価格ですが手続きの費用は普通車を永久抹消登録し処分を解体業者に委託した場合4~5万円程度

一時抹消登録では1~2万円程度が考えられます。

陸運局(軽自動車検査協会)への廃車手続き(抹消登録)を業者や行政書士に依頼する場合の抹消登録費用は、自前で行う場合より2,000~10,000円高となります。

廃車に関する費用をもう少し掘り下げて考えてみますと、廃車にかかわる費用の中には支出の他に収入といった面もあるように思います。

例えば、廃車の際にには車検や税金といったものの廃止手続きや切り替えも必要になります。

解体業者に処分を任せる場合でも、まだ使える部品や、リサイクルの効くメタル価値といったものが存在しますし、実際完全に故障した車であってもかなりの利益を残している場合があります。

税金などの還付手続きは抹消登録時に同時に申請できますが、申請時期により、廃車にしても新たな税金の請求書が来る場合と、多めに支払った税金分が月額算定で還付される場合がありますので注意が必要です。

下取りに出す場合や売却する場合には車検の状況が査定に影響するという意見もありますが、これはケースバイケースなので、あまり重要視しなくても良いでしょう。

特に廃車処分を急がないのであれば、車検を消化する段階で処分を検討してもよろしいかと思います。

廃車に関する費用を考える場合には、このように総合的な車の価値を考えてみなくては、正しく判断できないことがおわかりでしょう。

インターネットを活用しよう!

廃車に関する事をインターネットなどで調べますと、普通車や軽自動車の買い取り価格を知ることができます。

さらに完全なスクラップでも、車種別のメタル価格などを価格を調べることもできるようです。

税金の還付や車検などは、廃車の時期あるいは売渡しの時期によって異なってきますので、廃車にしても計画的なタイミングで、かなり収入に差がでるものです。

このような廃車にかかわる費用の問題については、自分で考えるよりも、専門業者のアドバイスなどを参考にするのが良いかと思われます。

インターネットなどで買い取り業者の無料査定のサイトなどがあり、簡単な条件入力で、自分の車の現行価値や複数業者の査定額比較なども手軽にできるようになっています。

仮に、自分の車が買い取り対象として売れるのであれば、廃車手続きや税金、車検などの手続きを代行してくれたり、適切なアドバイスを提供してくれますので、まずは買い取り業者に相談してみるのが早道でしょう

買い取り業者さんは、中古売り買いや廃車などのエキスパートですから、お客さんにとって処分の対象でしかない使用済みの車の有効利用の専門家です。

かならずお客様の満足するような情報を提供してくれるものでしょう。

自分でやると手間や費用もかさんでしまう自動車の処分は、買い取り業者さんという強い味方もあることを忘れたくないですね。

一時抹消登録で保管した車は日々劣化する

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

一時抹消登録の目的と特徴

一時的に自動車を使用しなくなる場合に行う廃車手続きのことです。

永久抹消登録との違いは、再申請によってまた対象自動車を使用できるような登録が可能になる点ですね。

このために一時抹消登録完了時には、再び公道を走るために必要となる「一時抹消登録証明書」の交付があります。

一時抹消登録証明書を添えて再登録することによって公道を走ることが可能となります。

一時抹消登録では、何台も自動車を所持していても、実際に使うのは1台のみで、その他の自動車は保管のみという方々には良いシステムでしょう。

一時抹消登録をおこなうと、再登録を行うまでは税金などがかからなくなりますし、車検も必要ではなくなります。

しかし、野ざらしで放置したりしますと罰則の対象となりますし、車の状態も悪くなりますので、再登録などをお考えの方は、車庫証明などがなくても、雨風のあたらない保管場所が必要になると思います。

一時抹消登録では、永久抹消登録に関連したスクラップや解体費用が発生しない分、手続き関連の費用もお安く(1~2万円程度)ですが、それでも維持費がかかりますので、あまりにも長期間の一時抹消登録は現実的ではないのかも知れません。

車が劣化する前に買い取ってもらった方がお得?

車はただおいて置いくだけで、エンジン内が劣化したり、内装部も確実に痛んできます。

外装も放置しておくだけで簡単に痛んでしまいます。

半年程一時抹消登録して再度再登録する場合には登録手続きの費用や車検、税金の登録も必要になりますが、車の痛みが激しくては再度車検を通すための費用もかなり高くなったりしますので、できれば一時抹消で車を腐食させるよりは、買い取りサービスなどで売却し、また車が必要な場合には、適当な車を新規購入する方が経済的な場合もあるでしよう。

保管中の車も、置いておくだけで価値がどんどん下がることを考慮しますと、自分で一時抹消登録するよりも、買取業者に売却して、次回は新しい車を準備する方が賢い方法とも言えるでしょう。

最近では車を売りたい場合でもインターネットを利用するだけで、高速で複数業者さんの査定をやってもらえるようになりましたので、まずは問い合わせてみるのもいいかと思います。

一時抹消登録の時期が決まっているのであれば、あらかじめ買い取り業者さんに希望時期などを相談することで(予定見積もりなど)、有利な査定額をえることもあるでしょう。

その上、多くの買い取り業者さんでは、優良中古車の斡旋、販売もやっていますので、また今度車が必要な場合にも、気に入った車の購入にきっと相談にのってくれるはずですね。これなら、車の購入時に古い車を廃車にしたり、下取りしてもらうより自由な感覚で取引できそうです。

永久抹消登録をする前に売れる可能性が!

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車の廃車を行う前に、廃車の種類を知っておかなくてはなりません

。廃車の手続き関係は「道路運送車両法」によって規定されており、廃車というのは通称で、正式には「抹消登録」という名称となります。

抹消登録とはどういうものか?

抹消登録には、車両をどのような扱い方にするかによって、「永久抹消登録(15条抹消登録)」「一時抹消登録(16条抹消登録)」「輸出抹消登録(15条の2抹消登録)」の3つに分類されます。

このうち永久抹消登録は、永久的に対象自動車に乗らなくなった場合に行う廃車手続きです。

この永久抹消登録をした自動車は、車として存在しない事になりますので、国内で車としての使用ができなくなります。

一時抹消登録との違いは、永久抹消登録の場合には、対象の車が本当に抹消されてしまい、再度車としての登録ができなくなってしまう事です。

永久抹消登録では、申請時に書類を揃えたり、ナンバープレートを取り外して返納するなどの手間と費用がかかります。

申請費用は無料になりますが、申請に係わる書類などの準備に費用が発生する場合があります。

それまでに対象自動車に関わっていた税金やリサイクル費なども支払い根拠がなくなりますので、既に支払っていた余分な額が還付されたりします。

それでもスクラップなどの解体や最終処分で廃棄扱いなどでかなり費用もかかり4~5万円は出費を見込んでおいたほうがよろしいでしょう」。

永久抹消登録を行いますと、車はスクラップとなります。

その後は部品取りとして一定期間保管したり、解体処理で金属などはリサイクルの原料にまわされたりもしますが、スクラップ原料として輸出され海外で修復して車として再利用される場合もあるといいます。

自分で廃車の手続きする前に業者に相談する方が得する

永久登録抹消に関しては、その後、二度と使わない車の処分をどうするかといったことで、「解体抹消(解体届け)」や「輸出抹消登録(15条の2抹消登録)」といった類似手続きも考えられますので、こういった自動車の処分に慣れた専門業者さんなどに相談することがよろしいかと思います。

永久抹消の手続きでは、手続きに関連する費用も発生しますので、買い替えなどでまだ使える車の処分などは、自分で手続などをやらなくても良いような売却が便利ですね。

そこで自動車の廃車手続きを自分でやってしまう前に、一度買い取り業者さんなどに相談してみてはいかがでしょうか。

そのままの状態で値段をつけて買い取ってもらえると、廃車の手続きに関する手間や費用もなくなりますし、売却の際には諸手続きのアドバイスや代行サービスもやってくれる場合がありますので、これからの廃車手続きはまず買い取り業者さんに相談で正解という常識が定着しつつあるようです。

自動車を高く見積もってもらう為の価値の上げ方

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車をできるだけ高く買ってもらうには買い取り業者の選定が必要なのは当然ですが、実際に買い取ってもらうまでには、それなりの知識の整理や留意点といったものがあるようです。

まず基本的なことですが、案外見落としているのは、自分の車の状態を理解しているかどうかでしょう。

具体的には走行距離、経過年式を把握しているかどうかですね。

この2点は価格にダイレクトに影響しますので、買い取り業者との交渉ではあらかじめ、しっかり把握しておきたいものです。

さらにもう1点付け加えるならば、自分の車の相場というものを良く研究しておくことでしょう。

同じ車種でも年式や走行距離、事故歴などで価格は変動しますが、最低でもこれぐらい、コンディションが良ければこれぐらいにはなるといった考え方は、買い取り業者との対応でも必要でしょう。

特に買い取り業者との交渉まで考慮すれば、自分の車のアピールポイント(事故歴がない、オイル交換を怠っていない)なども定まってくるはずですね。

考えようによっては、あまり動かさない車よりも日常こまめに使っている方がエンジンのコンディションが良いということもあるようです。

前述の基本3点を理解しておくと、日頃の車の管理にも違いが出てくると思います。

自分の車のセールスポイントやウィークポイントが相場を形成しているといっても過言では無いのですから、セールスポイントはより高め、ウィークポイントは注意深くメンテナンスするといった日常の使用状態が、より高い査定として現れるのです。

自分の車の価値がある程度わかれば、時には思いがけない高額査定があった時でも迷わず対処できるのではないでしょうか。

日頃の手入れが高く売れるコツ

いつも使っている車であっても、所詮道具であるのでそんなに気をつかってみても仕方がないという方でも、特に入念な取り扱いをしなくても高く買い取ってもらうコツというものがあります。

それは、月並みですが、車をいたわって使うということでしょう。

例えば車の置き場所は雨風や直射日光のあたらない場所が良いようですし、汚れを付着させたまま放置すると、すぐに外観は悪くなってしまいます。

そこで定期的に洗車をおこない、必要ならばワックスやコーティング剤で保護しましょう。

汚れの付着した部分は、腐食やシミの原因ともなりやすいものです。

細かな傷は使っているうちにどうしても避けられないものですが、これも放置しておくと傷に汚れが固着して全体の耐久性が著しく損なわれます。

そこで丹念にポリッシャーなどでケアしてあげたいものです。

これだけでも車の印象は見違えるほど良くなるはずで、査定価格には相当有利であると言えそうですね。

自分がいらない自動車でも査定してみる価値がある

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車の売却時での交渉の際でも、評価額の根拠となっている査定方法を知らなければ、正しい判断ができませんね。

ここでは自動車の査定方法はどんなものがあるのか考えていきたいと思います。

スクラップ同然のいらない車でも価値がある

最近は中古車業者や廃車処分業者のサービスとして手続きを代行してくれたり無料でアドバイスをしてくれたりする業者も増えてきています。

この背景には、所有者には無用となった車にも、さらに価値が残っていることからきていると考えられます。

確かに自動車を廃棄処分にするためにはスクラップ費用や解体手数料などが発生しますが、まだ使える部品取りや修復転売といった価値も存在するからこそ、流通段階のコストを相殺しても余剰な利益がもたらされる結果にもつながり、解体業者や買取業者での見積もりにも差が出る原因となっています。

多くの業者も自動車の無料査定を行なうためには、独自の査定基準を用いてコストに見合うだけの利潤を確立している訳です。

そうは思ってもやはり高く値ををつけてくれる業者につい目がいってしまいがちですが、一般買取価格だけではなく、事故車や故障車でも一定の値をつけてくれる業者や、スクラップ同然の車でも車種によってはプレミアム価格が設定されていたりして、なかなか目が離せません。

その他、持ち込みに対しては、必ず値をつけるという業者や、買取成立は即金支払い、帰途の送りサービス付きといった業者もあります。

廃車を考えているのであれば、まずはインターネットなどで無料査定を行なってみるのも良いでしょう。簡単な条件(車種、年式、走行距離、その他)などで、査定も数社まとめてできてしまう(一括査定)といった便利さもあります。

流通のプロから見た自分の車の価値を再発見できるかも知れません。

また、自分の車の相場といったものも無料査定でわかりますので、お近くの買取業者との交渉の際にも役立つのではないでしょうか。

査定額はタイミングや時期でも多少変動する

査定の際のポイントとしては、複数業者で査定を比べてみることです。ほとんどの業者が同じような査定額であるなら、それは相場とも考えることができます。

ですから実際に買取業者へ持ち込んで、それよりも極端に安い買取価格を提示された場合には、交渉も有利になると考えられますね。

また、複数業者の査定で、ひときわ高く値をつけてくれた業者があった場合には、その時期に品薄になっている車か、あるいは同車種指定で買い手が待っている場合もありますので、これは時期を逃す可能性もある反面、良いタイミングではお得な売却のチャンスとも言えそうです。

一般に決算前の時期には業者の成績を確定するために、買取にも熱が入るようです。また各業者でキャンペーン期間などを設けている場合には、お得な条件で売却できることが多いようです。

廃車に必要な書類[個人でも業者でも書類が必要]

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

廃車手続きに必要な書類は、廃車手続きの種類(永久抹消登録か一時抹消登録か)で必要書類が異なっています。

廃車手続きの前に事前に確認しておくことが大切です。

(1)永久抹消登録に必要な書類

普通自動車または軽自動車を廃車(永久抹消登録)する場合に必要な書類は以下のようになります。

■自動車検査証(車検証
自動車検査証(車検証)の住所と現住所や名前が実際と違う場合には、車検証の記載内容と現在までの履歴が確認できる書類(住民票・住民票の除票・戸籍の附票・戸籍謄(抄)本・商業登記簿謄(抄)本など)が1通(有効期間発行後3ヶ月以内)です。

車検証の所有者の名義が会社名などになっている場合、所有者からの「譲渡証明書・委任状・印鑑証明書」が必要です。車検証の記載に変更のある場合は、変更登録手数料350円が別途かかります。

■ナンバープレート2枚
永久抹消登録する自動車の前後のナンバープレート(自己作業)。

■所有者実印
印鑑証明書と同一の実印。本人以外が手続きをするには、委任状(所有者の実印が押印されたもの)も必要。軽自動車の場合は「認印」でも可です。

■印鑑証明書1通
発行後3ヵ月以内の印鑑証明書が必要。

軽自動車の場合、「印鑑証明書」は必要なし。

■自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)
支払った自動車リサイクル料金の証明書(自動車リサイクル券の一部)が必要。

■解体業者から通知された「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」

■申請書(OCRシート3号書式の3)
軽自動車の場合は申請書(OCRシート軽4号書式の3)となります。

申請書は陸運局(軽自動車検査協会)、または「行政書士事務所、自動車販売店・整備工場」などで購入可能。陸運局では記入サンプルなどの閲覧もできます。

また永久抹消登録の申請手数料は“無料”です。

■振込先情報「銀行名・支店番号・口座番号」
解体による永久抹消登録の場合、車検が1ヶ月以上残っていれば自動車重量税の還付が受けられます。

申請時に「重量税還付のための記入」も確実に記入してください。

還付金が出る場合には振込み先の情報が必要ですので、正しい情報を準備しましょう。

(2)一時抹消登録に必要な書類

普通自動車(軽自動車)を廃車(一時抹消登録)する際の必要書類は、以下のようになります。

■自動車検査証(車検証)
永久抹消の場合と同じです。

■ナンバープレート2枚
永久抹消の場合と同じです。

■所有者の実印
永久抹消の場合と同じです。

■印鑑証明書1通
永久抹消の場合と同じです。

軽自動車の場合、「印鑑証明書」は必要ありません。

■申請書(OCRシート3号書式の2)
様式が違うだけで永久抹消の場合の申請書と同じ要領です。

■手数料納付書
一時抹消登録の申請手数料は“350円”です。陸運局(軽自動車検査協会)内で印紙を購入し、手数料納付書の指定された場所に貼付します。

■振込先情報「銀行名・支店番号・口座番号」
一時抹消登録の場合でも、自動車重量税の還付が受けられる場合もあります。

還付金の振込み先の情報をが必要となりますので振込先は控えておきます。その他は永久抹消の時と同じ要領です。

(3)解体届けに必要な書類

普通自動車(軽自動車)を廃車「解体抹消(解体届け)の手続き」をする場合には以下の書類が必要となります。

■申請書:解体届出書(OCRシート3号書式の3)
申請書(解体届出書)は陸運局(軽自動車検査協会)、その他整備工場・行政書士事務所などでも購入することができます。

記入要領は永久抹消の申請時と同じ要領です。

この場合の届出手数料は“無料”になります(書類代は別途)。

なお、軽自動車の場合は申請書は解体届出書(OCRシート軽4号書式の3)となります。

■一時抹消登録証明書
一時抹消登録の手続きを行った際に受け取った書類が必要です。

なお、軽自動車の場合は「自動車検査証返納証明書」となります。

■自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)
解体を依頼する際に支払った自動車リサイクル料金の証明書(自動車リサイクル券の一部)が必要です。

■印鑑
本人が届け出る場合には認印で可。本人以外が手続きをする場合には委任状が必要になります。

■振込先情報「銀行名・支店番号・口座番号」
解体届けの場合でも、「車検が1ヶ月以上」残っていれば自動車重量税の還付が受けられますので、申請書に「重量税還付のための記入」をしてください。

還付金が発生すると振込み先の情報が必要になりますので準備しておきましょう。所有者の変更があった場合には、「譲渡証明書」と、発行後3ヶ月以内の「新所有者の住民票」または「印鑑証明書」が必要です。

手続きには陸運局(陸運事務所)、または軽自動車検査協会へ行きます。「解体抹消」(解体届け)の手続きには、普通自動車の場合は「一時抹消登録証明書」、軽自動車の場合は「自動車検査証返納証明書」が必要となります(一時抹消登録した際に受け取った書類)。

廃車の手続き方法[個人で行うor業者に依頼する]

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

廃車することを決めた場合に、まず思い浮かぶのが手続きですね。

どのような書類が必要になるのか、提出時期や場所はどうなるのか、さらに全体でどれくらいの手数料や費用がかかるのかと考え始めると、何か億劫になって少々金額がかさんでも代行業者に相談した方が手っ取り早いなんて思う方も多くいます。

廃車手続きは主に行政書士などが代行してくれますので、面倒が苦手という方でも依頼することができますが、他人に依頼するにせよ、どのような流れで手続きがなされるのかということは知っておいてもよいものでしょう。

単純に「廃車」といっても大きく分けると3種類の手続きに大別できます。

廃車の種類

(1)永久抹消手続き(返納届け)
もう乗らない場合の手続きで軽自動車の場合は返納届けと呼ばれます。手続き自体は変わらず、手続き場所が異なるだけです。

永久抹消登録とは車検が切れて乗れなくなった車を解体して二度と乗れない状態にすることを指します。

(2)一時抹消手続き
普通自動車(軽自動車)を、一時的に使用しない場合の登録抹消手続きです。

手続きは管轄の陸運局(軽自動車検査協会)で行います。自動車税などの税金の支払いを中止したい場合に一時的に車を廃車状態にする手続きです。

(3)解体抹消
一時抹消登録した後に、やはりもう乗らなくなった場合には解体抹消手続きが必要です。

(解体届け)永久抹消登録と似ていますが「ナンバープレートの返納」と「自動車税の還付手続き」は無くなります。

乗らないで放置すると維持費がかかる場合があります

廃車(抹消登録)すれば、支払っていた「自動車税・自動車重量税」の還付を受けられる場合もありますから、還付の適用対象はどのように決められているのか確認しておくことも必要です。

廃車の係わる抹消登録では、永久抹消の場合、引取りにかかる費用を含め、スクラップ代、リサイクル費用、手続き費用などの合計が平均4~5万円ほどになるようです。

一時抹消登録でも最低1~2万円の費用を見込んでおいたほうがよろしいでしょう。

廃車の手続きでは時間と手間の他に費用もかかります。

廃車にしようと考える車がまだ動く場合には、廃車よりも買取業者に委託し引き取ってもらうほうがお得な場合が多いようです。

買取業者では、どんな車にでも査定価格をつけるという方針の業者もいますし、解体業者と提携して車のメタル価値まで還元してくれる業者もいますので、廃車の手続きで出費が出る場合でもなるべくリーズナブルにコストをを抑えることができそうですね。

ボロボロの車でも無料で廃車に出来る

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

ご自分の自動車が古くなって性能の割には経費がかかりすぎる、さらにはもっと燃費の良いエコカーに変えたいなどとお考えの方にとっては、今持っている車の処分について興味がおありでしょう。

特に新しい車に買い換えたいとお考えの方にとっては、少しでも廃車の手続きや経費について簡単で安く済ませたいものです。

その分が結果としては新しい車を選ぶ時間や費用の節約にもなるわけですから、有利な条件で廃車を済ましたいと考えるのも当然ですね。

ご自分の車を廃車にしようと考える前に、廃車についての基礎知識をまとめておくことが大切です。

最近では買取業者の無料査定などもあって、簡単でスピーディーな査定も可能ですから、ついつい便利な業者に任せきりになってしまうことになりがちですが、車の適性価格や、良い買取業者の選び方、高く売るポイントなどの留意点を押さえておくだけで、かなりお得な車の処分につながると思われます。

車の処分時期なども、車検や税金の関係上、有利な時期があるようですから、廃車のひとつにしても、やり方でかなり差が出ることがありますので、廃車の流れと、押さえておくべき留意点などについて日頃から整理しておくことをお薦めします。

面倒に思いがちな廃車の手続き

廃車のポイントは大きく分けると、廃車関連の手続きがあります。

この手続きには行政書士などのプロもいるぐらいで何かと面倒そうな感じがしますが、ポイントは細かく規定された車種による手続きを全部必要なわけではなく、ご自分の車がどのカテゴリに属しているのかさえ知ってしまえば、それほど煩雑な手続きではありません。

また廃車の手続きには税金や車検の切り替え、リサイクルといった付帯手続きも入ってきますので、きちんとやっておくと費用の一部が還付されたりすることもありますので、重要ですね。

さらに買取業者さんと交渉して、少しでも有利な条件で買い取ってもらうことも大切です。

もうボロボロでエンジンもまともに動かない車であってもあきらめないで、専門の買取業者に査定してもらうだけで、意外にも価値があったなんてこともよくありますので、まずは相談してみるだけの意味はあるものです。

買取業者さんでは、査定希望者の身になって、手続きや経費の相談にも応じてくれるサービスもあり、廃棄で解体となる場合でもできるだけ負担のでないようなアドバイスをしてくれる優良な業者さんもありますので、良い業者さん、定評のある業者さん選びにも気を配りたいものです。

 
Top