自動車を高く見積もってもらう為の価値の上げ方

自動車を高く見積もってもらう為の価値の上げ方

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車をできるだけ高く買ってもらうには買い取り業者の選定が必要なのは当然ですが、実際に買い取ってもらうまでには、それなりの知識の整理や留意点といったものがあるようです。

まず基本的なことですが、案外見落としているのは、自分の車の状態を理解しているかどうかでしょう。

具体的には走行距離、経過年式を把握しているかどうかですね。

この2点は価格にダイレクトに影響しますので、買い取り業者との交渉ではあらかじめ、しっかり把握しておきたいものです。

さらにもう1点付け加えるならば、自分の車の相場というものを良く研究しておくことでしょう。

同じ車種でも年式や走行距離、事故歴などで価格は変動しますが、最低でもこれぐらい、コンディションが良ければこれぐらいにはなるといった考え方は、買い取り業者との対応でも必要でしょう。

特に買い取り業者との交渉まで考慮すれば、自分の車のアピールポイント(事故歴がない、オイル交換を怠っていない)なども定まってくるはずですね。

考えようによっては、あまり動かさない車よりも日常こまめに使っている方がエンジンのコンディションが良いということもあるようです。

前述の基本3点を理解しておくと、日頃の車の管理にも違いが出てくると思います。

自分の車のセールスポイントやウィークポイントが相場を形成しているといっても過言では無いのですから、セールスポイントはより高め、ウィークポイントは注意深くメンテナンスするといった日常の使用状態が、より高い査定として現れるのです。

自分の車の価値がある程度わかれば、時には思いがけない高額査定があった時でも迷わず対処できるのではないでしょうか。

日頃の手入れが高く売れるコツ

いつも使っている車であっても、所詮道具であるのでそんなに気をつかってみても仕方がないという方でも、特に入念な取り扱いをしなくても高く買い取ってもらうコツというものがあります。

それは、月並みですが、車をいたわって使うということでしょう。

例えば車の置き場所は雨風や直射日光のあたらない場所が良いようですし、汚れを付着させたまま放置すると、すぐに外観は悪くなってしまいます。

そこで定期的に洗車をおこない、必要ならばワックスやコーティング剤で保護しましょう。

汚れの付着した部分は、腐食やシミの原因ともなりやすいものです。

細かな傷は使っているうちにどうしても避けられないものですが、これも放置しておくと傷に汚れが固着して全体の耐久性が著しく損なわれます。

そこで丹念にポリッシャーなどでケアしてあげたいものです。

これだけでも車の印象は見違えるほど良くなるはずで、査定価格には相当有利であると言えそうですね。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

Top