自分がいらない自動車でも査定してみる価値がある

自分がいらない自動車でも査定してみる価値がある

カテゴリ:[ 廃車の豆知識 ]

自動車の売却時での交渉の際でも、評価額の根拠となっている査定方法を知らなければ、正しい判断ができませんね。

ここでは自動車の査定方法はどんなものがあるのか考えていきたいと思います。

スクラップ同然のいらない車でも価値がある

最近は中古車業者や廃車処分業者のサービスとして手続きを代行してくれたり無料でアドバイスをしてくれたりする業者も増えてきています。

この背景には、所有者には無用となった車にも、さらに価値が残っていることからきていると考えられます。

確かに自動車を廃棄処分にするためにはスクラップ費用や解体手数料などが発生しますが、まだ使える部品取りや修復転売といった価値も存在するからこそ、流通段階のコストを相殺しても余剰な利益がもたらされる結果にもつながり、解体業者や買取業者での見積もりにも差が出る原因となっています。

多くの業者も自動車の無料査定を行なうためには、独自の査定基準を用いてコストに見合うだけの利潤を確立している訳です。

そうは思ってもやはり高く値ををつけてくれる業者につい目がいってしまいがちですが、一般買取価格だけではなく、事故車や故障車でも一定の値をつけてくれる業者や、スクラップ同然の車でも車種によってはプレミアム価格が設定されていたりして、なかなか目が離せません。

その他、持ち込みに対しては、必ず値をつけるという業者や、買取成立は即金支払い、帰途の送りサービス付きといった業者もあります。

廃車を考えているのであれば、まずはインターネットなどで無料査定を行なってみるのも良いでしょう。簡単な条件(車種、年式、走行距離、その他)などで、査定も数社まとめてできてしまう(一括査定)といった便利さもあります。

流通のプロから見た自分の車の価値を再発見できるかも知れません。

また、自分の車の相場といったものも無料査定でわかりますので、お近くの買取業者との交渉の際にも役立つのではないでしょうか。

査定額はタイミングや時期でも多少変動する

査定の際のポイントとしては、複数業者で査定を比べてみることです。ほとんどの業者が同じような査定額であるなら、それは相場とも考えることができます。

ですから実際に買取業者へ持ち込んで、それよりも極端に安い買取価格を提示された場合には、交渉も有利になると考えられますね。

また、複数業者の査定で、ひときわ高く値をつけてくれた業者があった場合には、その時期に品薄になっている車か、あるいは同車種指定で買い手が待っている場合もありますので、これは時期を逃す可能性もある反面、良いタイミングではお得な売却のチャンスとも言えそうです。

一般に決算前の時期には業者の成績を確定するために、買取にも熱が入るようです。また各業者でキャンペーン期間などを設けている場合には、お得な条件で売却できることが多いようです。

車を手放すなら簡単査定ガイド
廃車代行無料のサービス
バイクの無料査定サービス

←トップページに戻る

タグ:
,
,
Top